本文へスキップ

精密板金レーザー加工・プレス加工・溶接仕上は群馬県高崎市林工業株式会社にお任せ下さい。

製品に関するお問合せはこちら
TEL 027-364-4444
〒370-0075 群馬県高崎市筑縄町47-1

会社概要COMPANY

社名
林工業 株式会社
代表者
古関 亘
本社・工場
〒370 - 0075
群馬県高崎市筑縄町47-1
→アクセス
TEL : 027-364-4444
FAX : 027-364-4449

資本金
1,000万円
創業
1968年 7月
従業員数
22名( 2024年6月現在 )
取引銀行
群馬銀行 田町支店   ・  みずほ銀行  高崎支店
東和銀行 高崎北支店  ・  高崎信用金庫 六郷支店
工場敷地
1,244 u
工場床面積
678.5 u
延べ面積(3階建て)
1,613.5 u
協力会社
板金加工 ・ 溶接加工 等              12社
メッキ加工 ・ 塗装加工 ・ シルク加工 等     14社

企業略歴

昭和43年 7月
沖電気工業(株)の要請により現在地にて
板金専門工場として資本金300万円で創立する
昭和44年 12月
投票箱用、部品製造開始
昭和46年 11月
一般精密板金部門を設立し、投票箱の組立加工・モニターテレビケース
シャーシ等の製造開始
昭和50年 11月
資本金600万円に増資・工場増築・社員技術研究会開始
昭和54年 6月
中小企業合理化モデル工場に指定される
同月、事務所及び食堂を新築
昭和56年 8月
アマダ・NCタレットパンチ ベラU355を県内で早めの導入
昭和58年 2月
代表取締役に 林 和弘 就任
素足で歩ける精密板金工場を目指して社員教育を実施
昭和58年 2月
2台目、NCタレットパンチ ペガ344を導入
昭和59年 6月
工場改築 ハイテク機器・ニューメディア機器の製造開始
昭和61年 3月
健康機器の製造開始
昭和63年 7月
創立20周年の年に新社屋完成
平成元年 12月
3台目、NC・レーザータレットパンチ( 複合機 )
アペリオUを導入
平成 4年 6月
代表取締役に 林 洋子 就任
平成 4年 8月
8尺の物が曲げられる アマダベンダー
FaBUー1235( 3m 加工可能 )を導入
平成 6年 6月
昭和56年購入のNCタレットパンチ機等の老朽化に伴い、最初にベラUを、MJB( ジョイントバラシ )機付きのビプロス 357に入れ替え
平成 8年 12月
ペガ344を、ペガ345に入れ替え
平成13年 5月
アペリオUを、アペリオV357Vに入れ替え
平成17年 3月
2台目レーザー複合機( NC2台・抜き関係4台目 )
導入による大幅な機械配置換え
平成18年 3月
アマダ ベンダーFaBV-1025を導入
平成18年 8月
大物製品加工が増えた為、敷地内造成整備後に
完成品、収納場所確保の為、倉庫増築
平成26年 3月
アマダ NCタレットパンチ EMZ3510M2を導入  ビプロス357と入れ替え  
平成29年 4月
代表取締役に 古関 亘 就任      
平成29年 7月
新型機 CDR-1012 スタット溶接ロボット(NC付スタット機)導入(入れ替え)
平成30年 9月
創立50周年を迎える
平成30年 11月
新型機 CTS900NT NCタッピングマシン導入(入れ替え)
令和元年 10月
新型機 NK-21 テーブルスポット溶接機導入(入れ替え)
令和 2年 10月
新型機 LC2512C1AJ パンチ&レーザー複合加工機導入(入れ替え   
令和 3年 6月
AuDeBu1000 新型バリ取り機導入 (中古品)   
令和 4年 11月
80Ton プレス機導入 (中古品)
令和 5年 2月
HT161025.P 溶接作業用 3D定盤 Φ16タイプを 2台 新規導入   
令和 5年 3月       
新型機 BRT-400S バーリングタッパー機を新規導入       
令和 5年 3月       
CAD VPSS3i PREMIUMを導入 (入れ替え)       
令和 5年 3月       
新型機 ハンディファイバーレーザー溶接機 FLW1500MT を新規導入     
令和 5年 6月       
新型機 デュアルサーボ ドライブ ベンダー EG6013 を新規導入     
令和 6年 4月
新型機 平面バリ取り機 BTT-600RL・シャキットV を導入(入れ替え)

バナースペース


林工業外観画像

林工業 株式会社

お見積り・ご相談など お気軽にお問合せ下さい

   〒370-0075
   群馬県高崎市筑縄町47-1

TEL 027-364-4444
FAX 027-364-4449
メールでのお問合せ